FC2ブログ

葛飾北斎が描いた風景を巡って②↑(^^_)ルン♪

前回の北側の8カ所に続いて今回は南側の8カ所を巡ってきました(^.^)/~~~
今回はJR両国駅の北側に4カ所、南側に4カ所の8か所です(^O^)
コースは二の橋から堅川沿いに隅田川に向かい、隅田川を上流に向かって両国の駅を抜けて旧安田庭園前を歩きました(^O^)
途中では吉良上野介に所縁のある所を巡ったり旧安田庭園では庭園の池を背景にお洋服の撮影会を楽しんじゃいました\(^^)√
また、墨田区内の両国周辺にはその地に所縁のある案内板が何カ所かあったのでそれとも写真を撮ってきちゃいました(^^)/
ただ、道路工事で一カ所だけ北斎の案内板との写真が撮れないところがあったのと旧安田庭園も工事で半分しか入れなかったことが残念ですf(^ー^;
今回巡った葛飾北斎の案内板に関しては墨田区公式ウェブサイトに「葛飾北斎ゆかりの案内板設置」の記事がアップされていて、情報のサイトにリンクがありますので、ご覧になりたい方はこちらをどうぞ ↓ D\(^^
       https://www.city.sumida.lg.jp/bunka_kanko/annnai/hokusaiyukari.html
リンク先  http://hokusai-sumida.jp/pc/

写真は
一の橋の近くにあった「宮戸川長縄」の案内板と
⑧宮戸川長縄:浜町河岸から見た宮戸川の漁風景と、両国界隈の景観が描かれています(^.^)
北斎_L537

二の橋の近くにあった「本所立川」の案内板と
⑦本所立川:竪川の北側には、その水運を活かした材木問屋が密集していて、北斎はそれら問屋と職人たち、木材の間から覗く富士山を描きました(^-^)
北斎_L511

吉良上野介邸跡にあった「新板浮絵忠臣蔵 第十一段目」の案内板と
⑥新板浮絵忠臣蔵 第十一段目:「仮名手本忠臣蔵」の大詰め、吉良邸への赤穂浪士討ち入りの場面が浮絵の様式で描かれています(^g^)
北斎_L518

隅田川の近くにあった「両国納涼 一の橋弁天」の案内板と
⑤両国納涼 一の橋弁天:納涼の人々で賑わう、昼間の両国橋の様子が描かれています(^O^)
北斎_L543

両国国技館の前にあった「新柳橋の白雨 御竹蔵の虹」の案内板と
④新柳橋の白雨 御竹蔵の虹:にわか雨に降られ、傘を持った人々が新柳橋の上を走っている様子が、隅田川の対岸から描かれています(^J^)
北斎_L550

旧安田庭園の脇にあった「駒止石」の案内板(道路工事中で2ショットの写真が撮れませんでした(T^T))
③駒止石:正月の配り物として摺られた「馬尽」シリーズの一枚で、手前側に駒止石、一番奥には雪を頂いた富士山が描かれています(^○^)
北斎_L601

刀剣博物館の向かい側の隅田川沿いにあった「首尾松の鉤船 椎木の夕蝉」の案内板と
②首尾松の鉤船 椎木の夕蝉:『隅田川両岸一覧』三巻のうち、中巻の一枚で、隅田川の対岸から描かれていて、釣り舟の向こう、左手に描かれているのが首尾の松です(^g^)
北斎_L551

隅田川沿いの歩道にあった「御厩川岸より両国橋夕陽見」の案内板と
①御厩川岸より両国橋夕陽見:夕陽に浮かぶ富士山を中心に、船の往来でにぎわう両国橋や、様々な客でひしめきあう御厩川岸の渡し船の様子が描かれています(^<^)
北斎_L553

ここからは途中での写真になります(^.^)/~~~
二の橋の案内板と
北斎_L514

中田屋茶舗の案内板と
北斎_L515

軍鶏なべ屋「五鉄」の案内板と
北斎_L516

吉良邸正門跡の案内板と
北斎_L517

吉良上野介義央公の像と
北斎_L521

吉良邸跡の中で
北斎_L522

兼春稲荷神社さまの前で
北斎_L530

お参りしました
北斎_L532

本所松坂町公園(吉良邸跡)の前で
北斎_L525

本所松坂町公園の解説版と
北斎_L527

鏡師中島伊勢住居跡の案内板と
北斎_L526

飯澄稲荷神社さまの前で
北斎_L528

前原伊助宅跡の案内板と
北斎_L533

塩原太助炭屋跡の案内板と
北斎_L534

塩屋橋の由来の解説版と
北斎_L535

歴史と文化の散歩道の案内板と
北斎_L536

一の橋の案内板と
北斎_L539

春日野部屋の前で
北斎_L540

片葉の葦、藤代町跡、駒留橋跡の案内板と
北斎_L544

石尊垢離場跡の案内板と
北斎_L545

赤穂浪士休息の地の案内板と
北斎_L546

旧両国橋・広小路跡の案内板と
北斎_L547

陸奥部屋の前で
北斎_L548

刀剣博物館の前で
北斎_L556

旧安田庭園で今回のお洋服を
北斎_L598

コートを脱いでみました
北斎_L600

灯篭と
北斎_L596

23 : 58 : 31 | 女装 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

隅田川七福神巡りをしてきました↑(^^_)ルン♪

今年はお正月に隅田川七福神巡りをして御朱印を頂いてきました(^O^)
ただ、今回は御朱印帳ではなく色紙に頂いてきたんですヨ(^_^)b
最初に三囲神社(大國神・恵比壽神)さまにお参りして、御朱印のための色紙を購入して御朱印を頂きました(^O^)
次に弘福寺(布袋尊)さま、長命寺(弁財天)さまを巡って、向島百花園(福禄寿)から白鬚神社(壽老神)さま、多聞寺(毘沙門天)さまの順番で回りました(^J^)
お正月期間中だけあって七福神巡りをする方が多くて、御朱印を頂く方も多かったです(^_^;)
各待ち時間は、向島百花園が20分、三囲神社さまと白鬚神社さまは3分、弘福寺さまと長命寺さまと多聞寺さまは待ち時間なしでした(^○^)
なぜか向島百花園だけがやけに混んでいた印象です(?_?)

写真は
三囲神社さまの門前で
隅田川七福神_L474

三囲神社さまで
隅田川七福神_L452

三囲神社さまの境内の赤鳥居の前で
隅田川七福神_L476

三囲神社さまの境内のライオン像と
隅田川七福神_L475

弘福寺さまの境内で
隅田川七福神_L477

弘福寺さまで
隅田川七福神_L453

長命寺さまの門前で
隅田川七福神_L478

長命寺さまで
隅田川七福神_L455

向島百花園の前で
隅田川七福神_L480

向島百花園の福禄寿さまの前で
隅田川七福神_L457

白鬚神社さまで
隅田川七福神_L459

白鬚神社さまの境内で
隅田川七福神_L481

お参りしました
隅田川七福神_L495

多聞寺さまで
隅田川七福神_L462

多聞寺さまの本堂前で
隅田川七福神_L483

色紙に頂いた御朱印です
隅田川七福神_L470

七福神巡りのスタンプです
隅田川七福神_L472

女の娘での七福神巡り、楽しかったヮ(^^♪
10 : 00 : 00 | 女装 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

葛飾北斎が描いた風景を巡って①↑(^^_)ルン♪

墨田区内に葛飾北斎の描いた風景を巡るコースがあることを知ったのでちょっと歩いてみました(^.^)/~~~
公園などに葛飾北斎が絵を描いたり縁のある場所16カ所に案内版が設置してあって、それを巡るコースになっています(^O^)
全部を巡るには時間が足りそうもなかったので今回は墨田区内の北側にある8カ所を巡ってみました(^O^)
隅田川七福神巡りの際にこの辺りは歩いていますけど途中で気になった所でも撮影してきちゃいました(^v^)
隅田公園が工事で一部しか立ち入れなかったり牛嶋神社の三輪鳥居がなくなっていたり思わぬ発見もありました!(^^)!
コースは隅田公園から隅田川を上流に向かって歩き最後は東白髭公園までのルートにしました(^O^)
隅田公園では紅葉が綺麗でしたヨ(^_^)Y

写真は
隅田公園にあった「大川橋の月 小梅の泊舩」の案内板と
⑯大川橋の月 小梅の泊舩:隅田川に架かる大川橋(現在の吾妻橋)のあたりが描かれています(^.^)
北斎_L201

隅田川の遊歩道にあった「新板浮絵 三囲牛御前両社之図」の案内板と
⑮新板浮絵 三囲牛御前両社之図:手前に鳥居のあたまだけ見えているのが特徴的な三囲神社は隅田川沿いの名所のひとつで、画面左奥には牛御前(現牛嶋神社)も描かれています(^-^)
北斎_L210

隅田川の遊歩道にあった「須佐之男命厄神退治之図」の案内板と
⑭須佐之男命厄神退治之図:北斎は弘化2(1845)年頃、牛嶋神社(現在向島1丁目)付近に住んでいたと伝えられ、「須佐之男命厄神退治之図」を奉納しました
北斎_L214

白鬚神社の近くにあった「白髭の翟松 今戸の夕烟」の案内板と
⑬白髭の翟松 今戸の夕烟:秋の夕暮れが広がる画面の左では、今戸(現在の台東区今戸)の瓦焼きの真っ最中で、川縁で何やら言葉を交わしながら瓦を運ぶ二人と瓦を積んだ舟が描かれています。画面の奥には名勝地として知られていた白髭明神社(現在の白鬚神社)の鎮守の杜を配してあります(^O^)
北斎_L224

法泉寺の門前にあった「寺島法泉寺詣」の案内板と
⑫寺島法泉寺詣:葛飾北斎が為一(いいつ)と名乗っていた60〜70歳代中頃の作品で、墨田区東向島の法泉寺を訪れる参詣客の様子が描かれています。門前の右の石柱に「新田義貞公守本尊髻不動明王寺嶌法泉寺」とあります(^J^)
北斎_L225

東白髭公園にあった「雪月花 隅田」の案内板と
⑪雪月花 隅田:雪景色の隅田河畔を描いた作品で、画面中央の森の中には木母寺と料亭「植半」、手前には水神社と呼ばれた隅田川神社を配し、厚い雪を積もらせています(^○^)
北斎_L227

東白髭公園にあった「梅若の秋月」の案内板と
⑩梅若の秋月:辞世の句「たずねきて 問わばこたえよ都鳥 すみだ河原の露ときえぬと」で有名な木母寺に古くから伝わる「梅若伝説」を題材にしています(^g^)
北斎_L230

墨堤通と鐘ヶ淵通の交差点にあった「隅田川関屋の里」の案内板と
⑨隅田川関屋の里:現在の墨田区堤通2丁目から足立区千住曙町、千住関谷町のあたりが描かれています(^<^)
北斎_L232

☆ここからは途中での写真になります(^v^)
隅田公園で紅葉を背景に
北斎_L233

隅田公園の心字池の畔で
北斎_L235

池の畔で紅葉を背景に
北斎_L237

紅葉の下で
北斎_L240

もう一枚
北斎_L242

ジャケットを脱いでみました
北斎_L245

牛嶋神社で(拝殿前にあった三輪鳥居がなくなっていました\(◎o◎)/!)
台風の風で倒れたようです(^◇^;)
左下は以前お参りしたときに撮影したものです(^○^)
北斎_L246

隅田公園周辺の案内図の前で
北斎_L203

隅田公園 散策解説版①と
北斎_L204

隅田公園 散策解説版②と
北斎_L206

隅田公園 散策解説版④と
北斎_L208

隅田公園 散策解説版⑤と
北斎_L212

隅田公園 散策解説版⑦と
北斎_L217

隅田公園 散策解説版⑧と
北斎_L218

名所案内板(正岡子規仮寓の地)と
北斎_L220

名所案内板(三浦乾也旧居・窯跡)と
北斎_L221

名所案内板(淡島寒月旧居跡)と
北斎_L222

隅田公園にあったモニュメントと
北斎_L248

三囲神社の鳥居の前で
北斎_L250

弘福寺の名碑と
北斎_L251

牛嶋神社舊跡
北斎_L252

長命寺さまで
北斎_L254

長命寺さまの境内で
北斎_L253

弘福寺さまで
北斎_L256

弘福寺さまの境内で
北斎_L257

弘福寺さまの門前で
北斎_L258

隅田川河川敷のテラスで
北斎_L259

隅田公園 散策解説版⑥と
北斎_L262

言問団子桟橋で
北斎_L263

隅田川河川敷のテラスで
北斎_L264

子育地蔵尊さまの門前で
北斎_L267

子育地蔵尊さまの前で(お参りしました)
北斎_L266

白鬚神社さまの門前で
北斎_L270

法泉寺さまの門前で
北斎_L271

榎本武揚像と
北斎_L273

ちょっとアップにしてみました
北斎_L272


南側の8カ所はこれから巡ってくる予定です(^_-)-☆
00 : 00 : 00 | 女装 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

Merry Christmas ↑(^^_)ルン♪

皆さま メリークリスマス(^.^)/~~~
今日はイブなのでちょっと遊びでコスプレしてみました(^_-)-☆
Xmas_L301

もう一枚
Xmas_L305
21 : 16 : 54 | 女装 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

晩秋の庭園で↑(^^_)ルン♪

今回お散歩してきたのは墨田区にある向島百花園です(^.^)/~~~
こちらの庭園には良く行きますけど今回は秋の風景を求めて行ったんですヨ(^_^)v
園内にはススキが見られたり菊の花の展示があったり、ちょっとした秋を感じられました(^○^)
私の他にもカメラを持った方が結構来られていて秋の風景を撮っていました(^O^)
自撮りしていたらカメラマンのおじさまに話しかけられて、暫く東屋で写真談議に花を咲かせてしまいました!(^^)!
私のこと気が付いたのかしらネ(*^^)?

写真は
咲き終わっていた萩のトンネルで
向島百花園_K861

池の畔の東屋で
向島百花園_K863

ちょうど咲いていた桔梗と
向島百花園_K865

ススキと
向島百花園_K867

竹林で
向島百花園_K899

茶店跡で
向島百花園_K875

赤い番傘のあるお休み処で
向島百花園_K896

ひょうたんが実っていました
向島百花園_K881

作品の展示がありました
向島百花園_K882

南天が実っていました
向島百花園_K883

四阿で
向島百花園_K890

木漏れ日の下で
向島百花園_K892


00 : 00 : 00 | 女装 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>