FC2ブログ

隅田川七福神巡りをしてきました↑(^^_)ルン♪

今年はお正月に隅田川七福神巡りをして御朱印を頂いてきました(^O^)
ただ、今回は御朱印帳ではなく色紙に頂いてきたんですヨ(^_^)b
最初に三囲神社(大國神・恵比壽神)さまにお参りして、御朱印のための色紙を購入して御朱印を頂きました(^O^)
次に弘福寺(布袋尊)さま、長命寺(弁財天)さまを巡って、向島百花園(福禄寿)から白鬚神社(壽老神)さま、多聞寺(毘沙門天)さまの順番で回りました(^J^)
お正月期間中だけあって七福神巡りをする方が多くて、御朱印を頂く方も多かったです(^_^;)
各待ち時間は、向島百花園が20分、三囲神社さまと白鬚神社さまは3分、弘福寺さまと長命寺さまと多聞寺さまは待ち時間なしでした(^○^)
なぜか向島百花園だけがやけに混んでいた印象です(?_?)

写真は
三囲神社さまの門前で
隅田川七福神_L474

三囲神社さまで
隅田川七福神_L452

三囲神社さまの境内の赤鳥居の前で
隅田川七福神_L476

三囲神社さまの境内のライオン像と
隅田川七福神_L475

弘福寺さまの境内で
隅田川七福神_L477

弘福寺さまで
隅田川七福神_L453

長命寺さまの門前で
隅田川七福神_L478

長命寺さまで
隅田川七福神_L455

向島百花園の前で
隅田川七福神_L480

向島百花園の福禄寿さまの前で
隅田川七福神_L457

白鬚神社さまで
隅田川七福神_L459

白鬚神社さまの境内で
隅田川七福神_L481

お参りしました
隅田川七福神_L495

多聞寺さまで
隅田川七福神_L462

多聞寺さまの本堂前で
隅田川七福神_L483

色紙に頂いた御朱印です
隅田川七福神_L470

七福神巡りのスタンプです
隅田川七福神_L472

女の娘での七福神巡り、楽しかったヮ(^^♪
10 : 00 : 00 | 女装 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

御朱印巡り⑮↑(^^_)ルン♪

今回は川口九社詣の続きで元郷氷川神社さまにお参りしてきました(^.^)/~~~
こちらの神社さまは室町時代の後期にこの地を治めていた岩槻方の武将、平柳蔵人が霊夢のお告げにより、旧官幣大社である武蔵國一宮氷川神社を勧請して「武蔵國四之宮 氷川大明神」としてお祀りして創建されたそうです(^<^)
元郷の地に社を建てたのは、平柳氏の領地が平柳領十五ヶ村(元郷村、弥兵衛新田村、領家村、新井方村、十二月田村、樋爪村、二軒在家村、上新田村、中居村、小淵村、辻村、前田村、川口村、飯塚村、浮間村)と呼ばれ元郷はその本村であったため、平柳蔵人は自身が治める地域の安寧を祈願するために館を構え、社を建てたそうです(^v^)
元郷氷川神社の主祭神は、素盞嗚尊さまと市杵島姫命さまの二柱の神様で、この二柱の神様は父と娘の間柄であることから、子宝(子授け)成就・子孫繁栄の神として信仰を集めているようです(^○^)
門前からの参道は細くて両側から住宅が迫っていて窮屈そうな感じでしたが、鳥居をくぐると境内が開けてイメージが変わりました!(^^)!
拝殿は比較的コンパクトでしたが、由緒ある神社さまの風格が感じられました(^。^)

写真は
門前で
元郷_L339

参道の入口で
元郷_L337

参道の途中で
元郷_L336

鳥居の前で
元郷_L334

手水舎で
元郷_L342

参道で拝殿を背景に
元郷_L332

拝殿前の階段で
元郷_L357

拝殿の前で
元郷_L328

拝殿で
元郷_L355

お参りしました
元郷_L326

頂いた御朱印と
元郷_L329

境内社の前で
元郷_L344

境内社の前で (後ろには猫ちゃんが(=^..^=)ミャー)
元郷_L346

大日如来さまと
元郷_L348

狛犬さんと
元郷_L352

対の狛犬さんと
元郷_L353

頂いた御朱印です
元郷_印131

00 : 00 : 00 | 神社巡り | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

葛飾北斎が描いた風景を巡って①↑(^^_)ルン♪

墨田区内に葛飾北斎の描いた風景を巡るコースがあることを知ったのでちょっと歩いてみました(^.^)/~~~
公園などに葛飾北斎が絵を描いたり縁のある場所16カ所に案内版が設置してあって、それを巡るコースになっています(^O^)
全部を巡るには時間が足りそうもなかったので今回は墨田区内の北側にある8カ所を巡ってみました(^O^)
隅田川七福神巡りの際にこの辺りは歩いていますけど途中で気になった所でも撮影してきちゃいました(^v^)
隅田公園が工事で一部しか立ち入れなかったり牛嶋神社の三輪鳥居がなくなっていたり思わぬ発見もありました!(^^)!
コースは隅田公園から隅田川を上流に向かって歩き最後は東白髭公園までのルートにしました(^O^)
隅田公園では紅葉が綺麗でしたヨ(^_^)Y

写真は
隅田公園にあった「大川橋の月 小梅の泊舩」の案内板と
⑯大川橋の月 小梅の泊舩:隅田川に架かる大川橋(現在の吾妻橋)のあたりが描かれています(^.^)
北斎_L201

隅田川の遊歩道にあった「新板浮絵 三囲牛御前両社之図」の案内板と
⑮新板浮絵 三囲牛御前両社之図:手前に鳥居のあたまだけ見えているのが特徴的な三囲神社は隅田川沿いの名所のひとつで、画面左奥には牛御前(現牛嶋神社)も描かれています(^-^)
北斎_L210

隅田川の遊歩道にあった「須佐之男命厄神退治之図」の案内板と
⑭須佐之男命厄神退治之図:北斎は弘化2(1845)年頃、牛嶋神社(現在向島1丁目)付近に住んでいたと伝えられ、「須佐之男命厄神退治之図」を奉納しました
北斎_L214

白鬚神社の近くにあった「白髭の翟松 今戸の夕烟」の案内板と
⑬白髭の翟松 今戸の夕烟:秋の夕暮れが広がる画面の左では、今戸(現在の台東区今戸)の瓦焼きの真っ最中で、川縁で何やら言葉を交わしながら瓦を運ぶ二人と瓦を積んだ舟が描かれています。画面の奥には名勝地として知られていた白髭明神社(現在の白鬚神社)の鎮守の杜を配してあります(^O^)
北斎_L224

法泉寺の門前にあった「寺島法泉寺詣」の案内板と
⑫寺島法泉寺詣:葛飾北斎が為一(いいつ)と名乗っていた60〜70歳代中頃の作品で、墨田区東向島の法泉寺を訪れる参詣客の様子が描かれています。門前の右の石柱に「新田義貞公守本尊髻不動明王寺嶌法泉寺」とあります(^J^)
北斎_L225

東白髭公園にあった「雪月花 隅田」の案内板と
⑪雪月花 隅田:雪景色の隅田河畔を描いた作品で、画面中央の森の中には木母寺と料亭「植半」、手前には水神社と呼ばれた隅田川神社を配し、厚い雪を積もらせています(^○^)
北斎_L227

東白髭公園にあった「梅若の秋月」の案内板と
⑩梅若の秋月:辞世の句「たずねきて 問わばこたえよ都鳥 すみだ河原の露ときえぬと」で有名な木母寺に古くから伝わる「梅若伝説」を題材にしています(^g^)
北斎_L230

墨堤通と鐘ヶ淵通の交差点にあった「隅田川関屋の里」の案内板と
⑨隅田川関屋の里:現在の墨田区堤通2丁目から足立区千住曙町、千住関谷町のあたりが描かれています(^<^)
北斎_L232

☆ここからは途中での写真になります(^v^)
隅田公園で紅葉を背景に
北斎_L233

隅田公園の心字池の畔で
北斎_L235

池の畔で紅葉を背景に
北斎_L237

紅葉の下で
北斎_L240

もう一枚
北斎_L242

ジャケットを脱いでみました
北斎_L245

牛嶋神社で(拝殿前にあった三輪鳥居がなくなっていました\(◎o◎)/!)
台風の風で倒れたようです(^◇^;)
左下は以前お参りしたときに撮影したものです(^○^)
北斎_L246

隅田公園周辺の案内図の前で
北斎_L203

隅田公園 散策解説版①と
北斎_L204

隅田公園 散策解説版②と
北斎_L206

隅田公園 散策解説版④と
北斎_L208

隅田公園 散策解説版⑤と
北斎_L212

隅田公園 散策解説版⑦と
北斎_L217

隅田公園 散策解説版⑧と
北斎_L218

名所案内板(正岡子規仮寓の地)と
北斎_L220

名所案内板(三浦乾也旧居・窯跡)と
北斎_L221

名所案内板(淡島寒月旧居跡)と
北斎_L222

隅田公園にあったモニュメントと
北斎_L248

三囲神社の鳥居の前で
北斎_L250

弘福寺の名碑と
北斎_L251

牛嶋神社舊跡
北斎_L252

長命寺さまで
北斎_L254

長命寺さまの境内で
北斎_L253

弘福寺さまで
北斎_L256

弘福寺さまの境内で
北斎_L257

弘福寺さまの門前で
北斎_L258

隅田川河川敷のテラスで
北斎_L259

隅田公園 散策解説版⑥と
北斎_L262

言問団子桟橋で
北斎_L263

隅田川河川敷のテラスで
北斎_L264

子育地蔵尊さまの門前で
北斎_L267

子育地蔵尊さまの前で(お参りしました)
北斎_L266

白鬚神社さまの門前で
北斎_L270

法泉寺さまの門前で
北斎_L271

榎本武揚像と
北斎_L273

ちょっとアップにしてみました
北斎_L272


南側の8カ所はこれから巡ってくる予定です(^_-)-☆
00 : 00 : 00 | 女装 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

新年のご挨拶↑(^^_)ルン♪

皆さま新年あけましておめでとうございます(^.^)/~~~
年賀_01



今年は日記の週1回の更新を目標にしたいと思っています!(^^)!
本年もよろしくお願い致します(゜)(。。)ペコッ
00 : 00 : 00 | ブログ | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

御朱印巡り⑭↑(^^_)ルン♪

川口九社詣の続きで今回は七郷神社さまと東沼神社さまにお参りしてきました(^.^)/~~~
最初にご紹介する七郷神社さま、創建の年代は記録が焼失してしまったため分からないそうですけど別当の西光院さまが1573年に創立されたと伝えられていることから同時期に祭られたものと思われているそうです(^<^)
明治40年までは氷川社だったそうで、下立山の神明社、一本木の諏訪社、平沼の厳島社、佐藤の稲荷社、藤兵衛新田の稲荷社、久左衛門新田の天神社の6社を合祀して七郷神社と改称したそうですヨ(^_^)b
主祭神は素盞嗚尊(スサノオのみこと)さまで、豊穣、武運の神さまだそうです(^g^)

次にご紹介する東沼神社さま、創建の年代は不詳のようですけど、鎌倉時代末期から江戸時代初期の頃に創建されたと思われているようです(^g^)
元々は木花咲耶姫さまを奉斉した浅間神社だったそうですが、明治40年に、差間村の稲荷社、菅原社、間宮村の大白天社、氷川社、北原村の稲荷社、行衛の稲荷社、菅原社の7社を合社して、社名を東沼神社と改称したそうです(^<^)
主祭神の木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)さまは安産・子育ての神さまだったそうですヨ(^_^)b
境内に富士浅間大社の見沼富士がそびえ立っていました(^v^)

2社をお参りした後で川口自然公園に立ち寄って今回のお洋服の写真を撮ってきました(^○^)

今年最後の投稿になります(^.^)
この一年応援ありがとうございました(゜)(。。)ペコッ
来年もどうぞよろしくお願いいたします(^v^)

写真は、
七郷神社さまの門前で鳥居を背景に
七郷_L090

参道で二の鳥居と拝殿を背景に
七郷_L100

拝殿の前で
七郷_L086

お参りしました
七郷_L101

頂いた御朱印と
七郷_L081

境内社の三峰社、獅子社(猿田彦の神)、厳島社、疱瘡社、菅原社、稲荷社さまの前で
七郷_L103

狛犬さんと
七郷_L094

対の狛犬さんと
七郷_L093

一の鳥居の下で
七郷_L097

境内から拝殿を背景に
七郷_L087

社務所の建物を背景に
七郷_L105

頂いた御朱印です
七郷_印129


東沼神社さまの門前で鳥居を背景に
東沼_L136

参道で狛犬さんに挟まれて
東沼_L140

お参りしました
東沼_L127

拝殿の前で頂いた御朱印と
東沼_L124

社務所を背景に
東沼_L149

裏参道の赤鳥居の前で
東沼_L152

裏参道の途中で
東沼_L150

力石と
東沼_L147

見沼富士の登山道入口で
東沼_L143

見沼富士を背景に
東沼_L133

境内社の御嶽社と
東沼_L128

お参りしました
東沼_L129

絵馬と
東沼_L132

参道の灯篭と
東沼_L137

狛犬さんと
東沼_L142

対の狛犬さんと
東沼_L146

頂いた御朱印です
東沼_印130


川口自然公園の広場で
川口自然_L183

木立の中で
川口自然_L189

コートを脱いでみました
川口自然_L187

咲いていたお花と
川口自然_L190


写真の整理が追いつかずアップが遅くなっちゃいましたσ(^◇^;)
まだ未整理の写真がありますので全部を整理できるのは年を越すことになっちゃいました(;^_^A アセアセ…
00 : 00 : 00 | 神社巡り | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>